sign.png

深い悲しみが長引く時

 災害による死別は、大きな外傷体験(トラウマ)でもあります。そのような外傷体験後の回復の目標は、死別という出来事を忘れることでも、その苦痛が二度と起こらないようにすることでもありません。何年経っても悲しみは起こるものですし、大切な人のことはいつまでも忘れることはないでしょう。

 しかし、悲嘆(グリーフ)があまりに長く強く続くと、健康上にさまざまな問題が生じることがわかっています。強い悲嘆が長引く状態を「複雑性悲嘆」と言います(「悲嘆(グリーフ)とは」の「複雑性悲嘆」のページを参照して下さい)。

 もしあなたが、何ヶ月間も以下のような項目に当てはまり、日常生活に影響が出ている場合には、精神科や心療内科医師、カウンセラー、かかりつけ医、保健師、保健所等の支援機関に相談して下さい。

  • 人生に生きる意味が見出せない
  • 大切な人と一緒に死んでしまえば良かったと感じる
  • 大切な人の死は自分のせいだったと強く感じる、その思いで自分自身をしばしば責める
  • 通常の日常生活が送れない
  • 感情がなくなったかのような麻痺した感覚が続く
  • 死別後、他人を信頼することができない
  • 人と会ったり接することを過度に避けている
  • 心身の不調が長く続いている
  • アルコールやたばこ、薬の量が過剰に増えている

大切な人をなくされた方へ

災害後に起こる心の問題
困難な時期の過ごし方
行方不明者の家族の方へ
深い悲しみが長引く時
死別後の様々な手続き

東日本大震災で亡くされた方へ

被災地のわかちあいの会
子どものワンデイプログラム
東日本大震災の被災者の心の相談室
死別後の様々な手続き
3.11 東日本大震災追悼式
リンク