sign.png

支援をされる方へ

 災害時あるいは災害後に、ご遺族の支援を行う立場の人はたくさんいます。公的な立場(職業上)の支援者では、たとえば、警察や自衛隊員、消防士、行政職員、医療関係者、福祉関係者、教育関係者、葬祭業者のほか、法律関係者、建築関係者なども含まれます。また、その他にも親類縁者、友人や知人、近隣の方、ボランティアの人たちが、ご遺族にとって非常に大きな支えとなることが少なくありません。
 そばにいる人たちが、ご遺族の心情を理解し、支えようとする心は、大きな苦しみの中にいる人たちの救いの手になります。しかし、その一方で、不適切な言葉がけや態度で、ご遺族をさらに傷つけてしまうこともあるので、注意が必要です。また、支援したいという思いが強いことで、過剰に活動し、支援する人が過労や燃え尽きに陥ることもあります。このような二次的な被害や、支援する人自身の疲弊を起こさないために、そして少しでも力になりたいという温かい心がご遺族へ適切に届くように、このコーナーでは、支援のために知っておいてほしいことや注意点などを述べました。

CONTENTS

一般の方へ

支援者としての姿勢

支援者の心構え

ご遺族を傷つける可能性のある言動

悲嘆(グリーフ)への支援

支援者のセルフケア

家族・親族や友人による支援

資料「子どもの悲嘆とケア」

リーフレット「支援の注意点」

サイコロジカル・ファーストエイド(PFA)

医療従事者の方へ

被災者に寄り添うグリーフケア

被災児童に対応する学校の先生方へ

子どもと関わる時

保護者と関わる時

リーフレット「学校の先生方へ」

死亡告知・遺体確認に関わる方へ

死亡告知・遺体確認に関わる方へ