sign.png

トラウマと喪失

 災害に巻き込まれることは、強い恐怖感を伴うトラウマ(心的外傷)体験になることがあります。また、災害によって大切な人を亡くすということは、大きな喪失体験でもあります。トラウマ体験も喪失体験も、遺された人たちに、混乱と強い苦痛を引き起こします。これらの反応は、災害後、さまざまな形で出現します。思い出される記憶や感情は、全くコントロールできないほど脅威的で、気が変になってしまったかのように感じることもあれば、現実感がなく、涙も出ないこともあります。

b_simple_72_3M.jpg

 死別に関係する場面(トラウマ場面)は、ご遺族にとって忘れたい、排除したいものである一方で、亡くした人(喪失対象)は決して忘れたくない、かけがえのない存在です。その両者の矛盾を抱えながら生きていくことは、死別直後は特に大変なことです。思い出す時の苦痛に慣れるには、時間も必要です。

 しかし、多くの人たちは時間の経過とともに、亡くなった人とは「ずっとつながっている」という感覚を次第に持てるようになり、苦痛も減少していきます。死別直後は苦しみが永遠に続くようにも感じることがありますが、誰にも自分の悲しみを癒す力が備わっています。多くの場合、自分ではコントロールできないほどの出来事が起こったとしても、人は再び新しい人生を歩むことができるようになるのです。

喪失とは
悲嘆反応
悲嘆のプロセス
悲哀の4つの課題
悲嘆への対処
悲嘆を長引かせる要因
複雑性悲嘆
あいまいな喪失
トラウマと喪失
子どもの悲嘆