sign.png

子どもの悲嘆

 家族や友人を亡くすことは、子どもの人生にとって非常に大きな出来事です。死別は、子どもの環境、人間関係、精神的健康、性格形成といったその後の発達などに、大きな影響を及ぼすと言われています。しかし、子どもは周囲からの十分なサポートがあれば、大人以上に死別からの回復力があることがわかっています。このページでは、死別を経験した子どもたちの援助に関して、周囲の人たちに知っておいてほしいことをまとめました。

b_simple_72_3M.jpg

死別を経験した子どもの悲嘆反応

1.子どもの悲嘆反応
大人とは、表現方法が異なると言われています。大人の場合は、通常死別後数ヶ月は非常に強い悲嘆反応を示し、時間の経過とともに少しずつ落ち着いてきます。一方、子どもの場合は、悲しみは成長過程の中で常に存在し、形を変えて表現されます。たとえば、誕生日や思い出の日、学校への入学、卒業、就職、結婚といった時に、その人がいない現実を実感し、そのたびに悲しみや寂しさ、孤独感など感じることが多いのです。その結果、子どもが大切な人の死を受け入れるには、年月がかかると言われています。
2.さまざまな悲嘆の表れ方
悲嘆反応は子どもの悲しみの表現です。子どもに表れる悲嘆反応はさまざまで、不安や悲しみを強く見せる子もいれば、逆に無邪気に遊んでいたり、何事もなかったように振る舞う子どももいます。身体面(寝つきの悪さ・食欲不振・頭痛や腹痛など)に表れる場合もあります。また、夜泣きや指しゃぶりなど、年齢より子供っぽくなる場合もあれば、逆に大人びた行動をとる子どももいます。学童期では、学業不振が続く場合もあります。


 このように「目に見える」行動は、周囲の大人にとって見つけやすいものです。しかし、外に表出しづらい「目に見えない」思いや、潜在的な感情があることにも配慮する必要があります。特に6歳を超えると、「自分が死を防げたのではないか」と自責の念を感じるようになり、それが子どもの自尊感情を低下させることもあるので、注意が必要です。

▲ ページトップへ

b_simple_72_3M.jpg

死別を経験した子どもたちのニーズ

 大切な人を亡くした子どもたちは、死別を経験した大人と同じようなニーズを持ちます。たとえば、死に対してもっと知りたいと思うこと、亡くした人の話をしたいと思うこと、自分の存在や思いが尊重されること、などです。
 これらのニーズに対応するために、周囲の人たちは、以下の3つのことを常に心がけましょう。

  • 隠し事をせず正直であること、常に穏やかであること
  • 子どものそばにいて、子どもの話をよく聞くこと
  • 子ども自身の死の理解を助けること


b_simple_72_3M.jpg

支援の基本的な指針

1.子どもと話をする時は
・関心を持って子どもの話に耳を傾けましょう。
・話したい時に話し、話したくない時にはそれで良いといった安全な雰囲気を作りましょう。
・亡くなった人の話をタブーにしないようにしましょう。(オープンなコミュニケーションが大切です。)
・子どもの質問には決して嘘をつかないようにしましょう。
・質問に答える時には、年齢に応じた説明をしましょう。(性教育と同じで、年齢に応じた言葉を選ぶ必要があります。)
・わからないことにはわからないと答え、一緒に考える姿勢を保ちましょう
2.その他
・信頼できる大人が一緒にいる時間を増やして下さい。
・悲しみを「言葉」で表現することが難しい場合があります。子どもと一緒に遊んだり、絵を描いたり、音楽を聴いたり、歌をうたったり、といったことが、感情の表現にとても有効です。
・子どもが自責感を表出しなくても、「自分を責める必要がない」ことを、何度も伝えて下さい。
・同じ体験をした子どもたちと一緒に時間を過ごすことが、大きな助けになることがあります。

▲ ページトップへ

b_simple_72_3M.jpg

特に見守りが必要な子どもたち

 次のような場合は、悲しみに対処しにくい場合があるので、特に注意して子どもを見守ります。

  • 悲嘆反応が強く、長期化している場合
  • 子どもの心身の健康が損なわれている場合
  • 行動上の問題(非行・睡眠障害・引きこもり)が見られる場合
  • 死別の状況として、死後に遺体と時間を過ごせなかった場合、突然の予期しない死別であった場合、残酷な状況の死であった場合
  • 子ども自身が悲惨な光景を見たり、本人も負傷したり、致命的な状況に置かれていた場合
  • 「死にたい」と周囲にもらしている場合
  • 家族や周囲との人間関係が、長期間うまくいかない場合、など

 その他にも、心配なことがある時は、子どもの心に詳しい専門家やかかりつけ医に相談してみましょう。

b_simple_72_3M.jpg

瀬藤乃理子・黒川雅代子・石井千賀子 (2011) :『死別を経験した子どもたちへの援助 - 悲嘆の複雑化を防ぐために - 』腫瘍内科8 (1):51-56頁 などを参照

喪失とは
悲嘆反応
悲嘆のプロセス
悲哀の4つの課題
悲嘆への対処
悲嘆を長引かせる要因
複雑性悲嘆
あいまいな喪失
トラウマと喪失
子どもの悲嘆