sign.png

悲嘆への対処

 悲哀の過程は、通常、山あり谷ありで進行し、少し回復してきたように思っても、何かの誘因ですぐにまた深い悲しみに沈みこむことを繰り返します。しかし、再び悲しみがぶり返しても、前と全く同じ状態に戻るのではありません。少しずつ死の現実を理解し、大切な人がいない生活を認識し、故人との思い出を偲びながらも、新しい生活や役割、人間関係に目を向けているようになってきます。

 悲嘆(グリーフ)への対処は、「悲しみに向き合う過程」と「新しい生活に取り組む過程」が、どちらかに偏ることなく、バランスよく交互に行われることが大切であると言われています (Stroebe 1999) 。

 「悲しみに向き合う過程」では、悲しみや心の痛みを感じながら、自分なりの喪の作業*を行います。一方の「新しい生活に取り組む過程」では、現実の生活に着目し、気晴らしをしながら、新しい役割や力を注げることを見つけていきます。この間を行き来できること自体が、その人が少しずつ回復していることを示しています。

 回復に要する時間は、死の状況や衝撃度、その人の資質や過去の経験などによって、非常に幅があります。数ヶ月で落ち着く人もいれば、何年もかかる人もいますが、人と比べず、自分のペースで少しずつ元気になっていくことが大切です。

*喪の作業:泣いたり、人に話をしたり、仏壇に手を合わせたりといったことで自分自身で心理的な回復を行うこと


Stroebe M, Schut H (1999) :The dual Process Model of coping with bereavement. Death Studies 23:197-224.

喪失とは
悲嘆反応
悲嘆のプロセス
悲哀の4つの課題
悲嘆への対処
悲嘆を長引かせる要因
複雑性悲嘆
あいまいな喪失
トラウマと喪失
子どもの悲嘆