sign.png

悲嘆(グリーフ)とは

 大切な誰かを失うことは、苦痛に満ちた出来事であり、人生最大の試練とも言われています。失って初めて、人は死別や喪失がこれほどつらく、悲しいものだと実感することが多いものです。
 重大な喪失のあとには、悲しみ以外にも、怒りや罪責感、落ち込みなど、あらゆる種類の思いもよらない感情に苦しめられます。また不眠や極度の疲労感など、身体にもさまざまな症状が出現します。これらの症状は悲嘆反応と呼ばれますが、時には永遠に続くのではないかと思うほど強く、その人の人生や生活そのものを圧倒することがあります。
 悲嘆反応は非常に個人差があるものですが、一方で、多くの人に共通して見られるものもあります。あらかじめご遺族自身がそれを知っておくことで、悲しみに対処する際に役立つことが多いと言われています。
 また支援者の人にとっても、大切な人を失った悲しみを理解しておくことで、ご遺族の置かれている状況やニーズ、抱えている問題を早く察知し、より適切に対応できるようになると言われています。
 このコーナーでは、すべての人に知ってほしい「悲嘆(グリーフ)」に関する事柄をまとめてみました。

CONTENTS

喪失とは

悲嘆反応とは

悲嘆のプロセス

悲哀の4つの課題

悲嘆への対処

悲嘆を長引かせる要因

複雑性悲嘆

あいまいな喪失

トラウマと喪失

子どもの悲嘆