sign.png

支援者、専門家・専門職向け

 ここではJDGS関係者および関係団体が主催・共催する研修会を中心にご案内しています。

タブをクリックしてご覧下さい↓↓

支援者向け

「あいまいな喪失」事例検討会

 今年度もJDGS主催で「あいまいな喪失」研修会を開催いたします。今年は、過去に福島や大阪での事例検討会でとりあげた2事例(他県に避難し帰還困難な事例、および認知症家族の事例)に対し、その後の支援や経過も含めて、ボス先生からコンサルテーションを受け、参加者全員で検討します。どうぞ奮ってご参加ください。

日時
2018年10月20日(土) 10:00~16:00
会場
福島大学総合教育研究センター1階 特別教室
(福島県福島市金谷川1番地)
資料代
3,000円
対象
あいまいな喪失の支援に関わっている、あるいは今後関わりたいと考えている専門職・専門家
(保健師、看護師、医師、臨床心理士、精神保健福祉士、社会福祉士、行政職員等)
定員
70名
申し込み多数の場合は、あいまいな喪失の支援をされている方を優先させて頂きます。
内容
・あいまいな喪失理論講義
・原発事故で他県に避難し帰還困難な家族の事例検討
・認知症家族の事例検討
・グループ・ディスカッション
主催
JDGS(Japan Disaster Grief Support)Project
共催
日本家族療法学会
福島大学子どものメンタルヘルス支援事業推進室
福島県立医科大学 災害こころの医学講座
後援
ふくしま心のケアセンター
ふくしま被害者支援センター
NPO法人子どもグリーフサポートステーション
NPO法人仙台グリーフケア研究会
申し込み
以下のURLの申し込みフォームからお申し込み下さい。
(URLをクリックすると申し込みページに飛びます)
申し込み期限
9月20日(木)
申し込み期限を過ぎても、残席がある場合は随時受け付けをいたします。
問い合わせ
JDGSプロジェクト事務局
福島県立医科大学災害こころの医学講座  瀬藤乃理子
E-mail  jdgs.project@gmail.com


ふくしま心のケアセンター 支援者向けストレスケア研修会


案内ちらしは「こちら」

日時
①郡山会場:2018年9月18日(火) 13:00~16:00
②いわき会場:2018年9月19日(水) 13:00~16:00
場所
①郡山会場:郡山市総合福祉センター 5階集会室
②いわき会場: いわき産業創造館 企画展示ホールA
対象
被災者支援に携わる支援者、医療・保健福祉従事者
参加費
無料
定員
各会場 80名
内容
・報告「県民健康調査結果からみる福島県の現状」
・特別講演「燃え尽きないためのストレスケア ~マインドフルネスの活用と実践~」
主催
(一社)福島県精神保健福祉協会 ふくしま心のケアセンター
共催
公立大学法人 福島県立医科大学
後援
福島県
申し込み
以下のURLの申し込みフォームからお申し込み下さい。
(URLをクリックすると申し込みページに飛びます)
申し込み期限
9月10日(月)
問い合わせ
ふくしま心のケアセンター
基幹センター 業務部 企画業務課
TEL:024-983-4272 FAX:024-973-8261


グリーフケアの担い手講座第4期

案内ちらしは「こちら」

期間
2018年6月~2019年3月の全8回
会場
仙台市内で調整中(詳細は事務局にお問い合わせください。)
参加費
非会員 第2講と5講は各15000円、それ以外は各10000円

全講座受講で110000円

会員 第2講と5講は各13000円、それ以外は各8000円

全講座受講で90000円

プログラム
第1講  「悲嘆学・喪失学」
第2講  「グリーフケアの基本のキ」
第3講  「スピリチュアルケア・宗教学」
第4項  「子どもへのグリーフサポート」
第5講  「ナラティブアプローチ」
第6講  「緩和領域の現場におけるグリーフケア」
第7講  「自分を知る」
第8講  「わかちあいの会の実際」
第9講  「トラウマとグリーフ」
第10講 「ケアする人のケア」
主催
NPO法人仙台グリーフケア研究会
申し込み
電話・メールで、仙台グリーフケア研究会事務局までお申し込み下さい。

電話 070-5548-2186

メール griefoffice@gmail.com

メールでお申込みする際は、件名に【養成講座申込み】、本文に【氏名・所属・電話番号】を明記の上、御送信ください。

問い合わせ
NPO法人 仙台グリーフケア研究会 事務局



専門職・専門家向け

「あいまいな喪失」事例検討会

 今年度もJDGS主催で「あいまいな喪失」研修会を開催いたします。今年は、過去に福島や大阪での事例検討会でとりあげた2事例(他県に避難し帰還困難な事例、および認知症家族の事例)に対し、その後の支援や経過も含めて、ボス先生からコンサルテーションを受け、参加者全員で検討します。どうぞ奮ってご参加ください。

日時
2018年10月20日(土) 10:00~16:00
会場
福島大学総合教育研究センター1階 特別教室
(福島県福島市金谷川1番地)
資料代
3,000円
対象
あいまいな喪失の支援に関わっている、あるいは今後関わりたいと考えている専門職・専門家
(保健師、看護師、医師、臨床心理士、精神保健福祉士、社会福祉士、行政職員等)
定員
70名
申し込み多数の場合は、あいまいな喪失の支援をされている方を優先させて頂きます。
内容
・あいまいな喪失理論講義
・原発事故で他県に避難し帰還困難な家族の事例検討
・認知症家族の事例検討
・グループ・ディスカッション
主催
JDGS(Japan Disaster Grief Support)Project
共催
日本家族療法学会
福島大学子どものメンタルヘルス支援事業推進室
福島県立医科大学 災害こころの医学講座
後援
ふくしま心のケアセンター
ふくしま被害者支援センター
NPO法人子どもグリーフサポートステーション
NPO法人仙台グリーフケア研究会
申し込み
以下のURLの申し込みフォームからお申し込み下さい。
(URLをクリックすると申し込みページに飛びます)
申し込み期限
9月20日(木)
申し込み期限を過ぎても、残席がある場合は随時受け付けをいたします。
問い合わせ
JDGSプロジェクト事務局
福島県立医科大学災害こころの医学講座  瀬藤乃理子
E-mail  jdgs.project@gmail.com


ふくしま心のケアセンター 支援者向けストレスケア研修会

案内ちらしは「こちら」

日時
①郡山会場:2018年9月18日(火) 13:00~16:00
②いわき会場:2018年9月19日(水) 13:00~16:00
場所
①郡山会場:郡山市総合福祉センター 5階集会室
②いわき会場: いわき産業創造館 企画展示ホールA
対象
被災者支援に携わる支援者、医療・保健福祉従事者
参加費
無料
定員
各会場 80名
内容
・報告「県民健康調査結果からみる福島県の現状」
・特別講演「燃え尽きないためのストレスケア ~マインドフルネスの活用と実践~」
主催
(一社)福島県精神保健福祉協会 ふくしま心のケアセンター
共催
公立大学法人 福島県立医科大学
後援
福島県
申し込み
以下のURLの申し込みフォームからお申し込み下さい。
(URLをクリックすると申し込みページに飛びます)
申し込み期限
9月10日(月)
問い合わせ
ふくしま心のケアセンター
基幹センター 業務部 企画業務課
TEL:024-983-4272 FAX:024-973-8261


グリーフケアの担い手講座第4期

案内ちらしは「こちら」

期間
2018年6月~2019年3月の全8回
会場
仙台市内で調整中(詳細は事務局にお問い合わせください。)
参加費
非会員 第2講と5講は各15000円、それ以外は各10000円

全講座受講で110000円

会員 第2講と5講は各13000円、それ以外は各8000円

全講座受講で90000円

プログラム
第1講  「悲嘆学・喪失学」
第2講  「グリーフケアの基本のキ」
第3講  「スピリチュアルケア・宗教学」
第4項  「子どもへのグリーフサポート」
第5講  「ナラティブアプローチ」
第6講  「緩和領域の現場におけるグリーフケア」
第7講  「自分を知る」
第8講  「わかちあいの会の実際」
第9講  「トラウマとグリーフ」
第10講 「ケアする人のケア」
主催
NPO法人仙台グリーフケア研究会
申し込み
電話・メールで、仙台グリーフケア研究会事務局までお申し込み下さい。

電話 070-5548-2186

メール griefoffice@gmail.com

メールでお申込みする際は、件名に【養成講座申込み】、本文に【氏名・所属・電話番号】を明記の上、御送信ください。

問い合わせ
NPO法人 仙台グリーフケア研究会 事務局

ご存知の講演会情報がございましたら「お問い合わせフォーム」からご連絡下さい。掲載の有無については、JDGS事務局にご一任下さい。


バックナンバーはこちら

講演会・研修会情報

一般の方向け
支援者・専門家向け
学会関連情報

書籍情報

グリーフに関する専門書
グリーフに関する一般書
グリーフに関する絵本

その他の情報

複雑性悲嘆の筆記療法
リンク