sign.png

支援される方や専門家の方へ

 ご遺族などのいわゆる「喪失」の状態と、行方不明者の家族などの「あいまいな喪失」の状態では、置かれる状況も心理的な回復の進み方も異なります。
 JDGSのメンバーは、震災後早期からPauline Boss博士と連絡をとり、2012年3月にはアメリカで、直接のレクチャーを受ける機会を得ました。その際、Boss博士が特に強調されていたことは、「あいまいな喪失」は、死が確定した「遺族の喪失」とは全く異なる枠組みで支援を行う必要があるという点でした。

 「あいまいな喪失」の中にある家族にとっては、その状況が続く限り喪失に区切りをつけることは難しく、家族は一生その喪失の曖昧さの中で生きていかなくてはなりません。その状況を理解することが、まず重要となります。また、あいまいな喪失の中にいる人たちが抱えやすい大きな問題として「孤立」があります。通常、社会の多くの人たちばかりでなく支援者や専門家たちも、あいまいな喪失の中にいる方に対してかける言葉や支える手段がわからずにいます。そのため、どうしても距離を置いたり、不適切な言葉をかけてしまうことがあります。

 このコーナーでは、支援される方や専門家の方に知っておいてほしい事柄を、以下の10項目のページにまとめました。
 「Pauline Boss博士研修会資料」のページでは、平成24年にBoss博士が来日された時の「あいまいな喪失」に関する研修会・講演会資料がダウンロードできます。是非、ご活用下さい。

CONTENTS

支援を始める前に
情報提供・心理教育
家族療法

ジェノグラムの活用
6つのガイドライン
ピアサポート

9.11における支援
親族や友人による支援
関連和文献
Pauline Boss博士研修会資料