悲嘆を長引かせる要因


悲嘆(グリーフ)とは

悲嘆(グリーフ)は、死別に伴って誰にでも起こりうる正常な反応ですが、特に災害によるご遺族は、突然、予期せず大切な人を失うため、悲嘆が長引く危険性があります。強い悲嘆が長引き、日常生活や社会生活に支障が出る状態は、近年、「複雑性悲嘆」と呼ばれ、専門的な治療が必要な場合もあります。

 

次のような要因が重なり、強い悲嘆が長引いている場合は自分だけで抱え込まず、できるだけ周囲の人たちに支えてもらったり、支援グループや支援機関のサポートを受けたりするようにしましょう。また、周囲の方は、特に注意してその方を見守って下さい。

 

  • 故人が、かけがえのない大切な存在であった場合
  • 同時に、または連続して多くの死別や喪失が重なっている場合
  • ご遺族自身が死の原因に直接的・間接的に関与したと自分で強く感じている場合
  • ご遺体が見つからない場合
  • ご遺体の損傷が著しいなど、ショックを受けるような状況を目撃している場合
  • 故人と生前に葛藤や愛憎関係にあった場合
  • 過去に未解決な喪失体験がある場合
  • 何らかの心の病にかかったことがある、あるいは現在かかっている場合
  • 災害以前から不安を感じやすい人の場合
  • 悲しみを話せる人がいなく、孤立している場合
  • 子どもや思春期の人たちが、大切な人を亡くした場合
  • 死別によって経済的な困難が生じた場合
  • 何らかの訴訟問題や法的措置が絡んでいる場合

 

※瀬藤乃理子、丸山総一郎 (2010):『複雑性悲嘆の理解と早期援助』緩和ケア20(4):338-342などを参照